数年ぶりの歯の治療

先日、数年ぶりに歯の治療をしました。

歯科検診のお知らせの葉書をいただくと毎年受診してた模範的な患者だったのですが、転職してから、更にここ数年は貯金も底をつきギリギリの生活だったので、歯科検診はパスしてました。


かかりつけの歯科が自宅や職場から遠い、というのも原因のひとつでした。
自宅よりも更に奥まったベッドタウン、電車で1時間程かかるところに、夫や夫の家族お世話になっていた、職人気質で腕のいい歯科があり、10年以上通ってました。



病気になり、虫歯になりやすいから気をつけないといけないのに、金曜の夜は疲れがたまりすぎて、バスタブにお湯をためてる間に、化粧も落とさず、歯磨きもせず、寝てしまうことがほとんどでした。

それでも虫歯らしきものは現れず、ただ、歯が痩せたというのでしょうか。すり鉢のようになってる奥歯の、平らだった表面がギザギザに尖っているのを感じてました。
知覚過敏もひどくなりました。

10月には耳下腺の腫れもあり、(http://jikomen.at.webry.info/201512/article_1.html )歯のせいかと慌てて近所の歯科を受診しましたが、虫歯は見つからず、知覚過敏と言われ、歯に知覚過敏用の薬を塗ってもらったところ、すっかり知覚過敏も感じなくなったので、そのままにしてました。



が、とうとう、奥歯が黒くなってる!
こんな虫歯らしい虫歯を見たのは子供の頃以来でした。
更に知覚過敏がひどくなり、四方の奥歯がすべて痛く、フライのサクサクの衣やポテトチップスも響いて痛い!
シェーグレンなのか最近は唾液も少なくて飲み込みずらいので、お茶などを口に含んで、柔らかくして食べているような状況でした。

かかりつけだった遠い歯科に時間をかけて行く気力もなく、わずかな電車賃でも節約したい。
前回、耳下腺の腫れで慌てて受診した近所の歯科は、ネットでの先生の評判は良かったのですが、受付の評判が最悪でした。
受診してみると本当にそのとおりで、離島などで歯科がそこしかないならともかく、わざわざ嫌な気分になって、ストレスためることない、病気にも良くないし、と思い、別の歯科を探そうと思いつつ、そのまま。。。


今回、歯が虫歯になって、慌ててまたネットで調べました。
すると、同じ街の、前に住んでた家の目の前の歯科が地域でNo.1…!
灯台下暗し。青い鳥は近くにいました。



虫歯は軽いものでしたが、あまりにも知覚過敏の箇所が多く、痛みもひどすぎて、歯科医が呆れてました。
治療後、病気やステロイドと知覚過敏や虫歯の関係ついてネットで調べると、自己免疫疾患で口腔外科も標榜している歯科医院のブログに辿り着きました。http://sikaiin-tenbou.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-03b1.html
ステロイドだと知覚過敏になりやすいみたいですね。


最近、たまったポイントで、ネットで評判の歯ブラシ職人が作った歯ブラシを購入したのですが、ギザギザに飛び出したブラシが歯茎や知覚過敏の部分に痛くて、歯磨きもおざなりになってました。
唾液も少なくなってるし、歯磨きしないで寝てしまうこともあったし、虫歯も出来て当然ですね。


歯科では元々使っていたGUMの歯ブラシに戻し、歯茎が痛いのなら従来の普通の固さでなく、柔らかいものにして、知覚過敏用の歯磨き粉に変えるように指導されました。
歯ブラシは迷って、自宅用と職場用に2本必要なので、普通の固さを1本、柔らかいものを1本買いました。
いままで使っていた、普通の固さの歯ブラシを試しに使ってみると痛い!!
柔らかい歯ブラシを、追加でもう1本購入しました。


今回は前の歯科で使ったものより更に効果があるらしい、知覚過敏の箇所に塗ってから光を当てる処理をするものをしていただきました。
が、前回と違い、今回はひどかったせいか知覚過敏は完全には治らなかったのですが、歯ブラシと歯磨き粉のお陰か、だんだんと知覚過敏が和らいできました。



そうそう、問診票には病気のことを書きますが、「肝炎」という項目があり、迷ったのですがいちおう丸をしたせいで、移動式のライトや、移動式の歯科の道具を載せる台のようなところの歯科医が手で持つところに、衛生士さんがラップを巻く、という作業をしてました。
初めて受診する医院なので、ここはそういう作業をするのかと思って見ていると、衛生士さんが他の衛生士さんに「ここだけでいいんだっけ?」と聞いてました。
どうやらいつもそうするのではなく、感染する肝炎と思われたようでした。
医師との問診で誤解は解けたようですが。


歯への影響や、治療がこんなに煩わしいものになるとは。
骨粗しょう症の予防薬、ボノテオ飲んでるので、歯科医にかかる時は受診してくれるか聞くように、となっているし、これも歯科受診が億劫になる理由のひとつですが、今回も拒否されなくて助かりました。
まだまだ私はマシで、恵まれているのかもしれませんが、それでも健康な時よりは大変です。
比べちゃいけないんですけどね。
シェーグレンやリウマチの疑いもあり、歯もこんな調子で、なんだかどんどん悪くなっていくようで気が重くなりがちですが、幸い、私は見た目はすごく元気そうに見えるらしいので、とても健康な人の気分になって、明るく乗り越えたいと思います!

追加:
あまり無理し過ぎて、翌日に体調を崩さない程度に(笑)



【この時の薬】(2月17日から変わらず)
(朝)
プレドニン5mg×1錠(隔日)
ウルソデオキシコール酸錠100mg(ウルソ100mgのジェネリック)3錠
バクタ780×1錠(週に2日だけ。わたしは水曜と日曜に服薬)
(昼)
ウルソデオキシコール酸錠100mg(ウルソ100mgのジェネリック)3錠
(夜)
ウルソデオキシコール酸錠100mg(ウルソ100mgのジェネリック)3錠
(就寝前)
ラベブラゾールナトリウム錠10mg(パリエット10mg×1錠のジェネリック)
(月に1回)
ボノテオ錠50mg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック