減薬

お久しぶりです。
ずっとブログの更新をしていない自覚はあったのですが、ついつい億劫になってしまい…。

前回の最新投稿を見ると5ヶ月以上も前、プレドニンを飲み忘れて飲んだものの、勘違いで過剰摂取になっていないか心配した話でした。
もしこのブログを見てくださっている方がいて、ご心配をおかけしていましたら申し訳ございません。
何事もなく、平穏に暮らしています。


実はブログを書くような変化がなかった訳でもなく、むしろ喜ばしいことが続いています。

まずはタイトルにある減薬ですが、9月の定期受診の際に、ウルソが1回3錠から、2錠になりました。
また、次の11月の定期受診の際にも順調だったので

「ステロイド、パルス(隔日)にしましょうか?あれ?もうパルスにしていたんでしたね。ステロイドやめちゃう?」

と主治医に言われてビックリ!


この病気になって自分でも色々と調べて、「寛解」という言葉は知っていました。
「完治」がない難病なので、症状が落ち着いたら、ステロイドをやめる、とする医師もいるらしい、と。
ただし再燃することが多く、再燃すると悪化する。。。

私も「ステロイドは一生飲み続けないといけない」と言われて治療を始めたので、いつか寛解を目指したい、ステロイドをやめたいとは思ってましたが、まさか、いまがそのタイミングとは!!!
主治医がステロイドをやめることを提言するとも思っていなかったので、とても驚きました。

心の準備が出来ていなかったので不安になり、また、リウマチの症状がまた現れるのも心配で、隔日で5ミリのプレドニンを半分の2.5ミリにしてもらいました。
でも、いまになって落ち着いて考えると、スッパリやめてしまえば、抗生物質とか骨粗しょう症予防の薬とかも不要になったんだろうなぁと、ちょっと惜しい気もします。が、あせらない、あせらない。


足の痛み、リウマチ疑惑のほうも、痛みがなくなってきたので、あとは半年後に定期受診、もしその前に痛みや症状が出たら受診する、ということになってます。
膠原病リュウマチセンターは予約制なのに待ち時間かかりすぎ、超音波検査が2ヶ月待ちで、その後、また受診…という非効率なシステムがストレスフルだったのでホッとしてます。


次は年明け、1月の受診です。
ステロイド、やめられるかな?
そろそろ花粉症の時期なので、ステロイド飲んでたほうがいいような気もしますが。
それも次回、主治医に相談ですね。


【この時の薬】(9月15日から)
(朝)
プレドニン5mg×1錠(隔日)
ウルソデオキシコール酸錠100mg(ウルソ100mgのジェネリック)2
バクタ780×1錠(週に2日だけ。わたしは水曜と日曜に服薬)
(昼)
ウルソデオキシコール酸錠100mg(ウルソ100mgのジェネリック)2
(夜)
ウルソデオキシコール酸錠100mg(ウルソ100mgのジェネリック)2
(就寝前)
ラベブラゾールナトリウム錠10mg(パリエット10mg×1錠のジェネリック)
(月に1回)
ボノテオ錠50mg



【この時の薬】(11月16日から)
(朝)
プレドニン2.5mg×1錠(隔日)
ウルソデオキシコール酸錠100mg(ウルソ100mgのジェネリック)2錠
バクタ780×1錠(週に2日だけ。わたしは水曜と日曜に服薬)
(昼)
ウルソデオキシコール酸錠100mg(ウルソ100mgのジェネリック)2錠
(夜)
ウルソデオキシコール酸錠100mg(ウルソ100mgのジェネリック)2錠
(就寝前)
ラベブラゾールナトリウム錠10mg(パリエット10mg×1錠のジェネリック)
(月に1回)
ボノテオ錠50mg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック